女性の活用:発展途上国での工場労働者
バングラディッシュ「ラナ・プラザからの教訓

ニュース

BSRカンファレンス2013の登録開始: "ネットワークの力を" サンフランシスコ

BSRカンファレンス2013年 の登録が開始した。サンフランシスコのハイアットリージェンシー・エンバカデロで11月5日から8日に行われる。今年のテーマは、"ネットワークの力を"


BSR Insight

効果的な人権影響評価を実施する方法

あなたが大手企業のCSR部門に従事している場合、格付機関、社会的責任投資機関、NGO等から人権影響評価を行っているかどうかを聞かれる時があります。企業の影響が大きな問題になる前に、表現の自由の侵害や製品のサプライチェーンでの劣悪な労働環境といった問題を事前に把握するために人権影響評価が役に立ちます。

詳細情報 

BSRレポート

 

バングラディッシュ「ラナ·プラザからの教訓 」

バングラデシュで1,000人以上のアパレル業界の労働者が亡くなった建物崩壊以降、BSRは、この悲劇は仕組み上の欠陥から生じたという見解を表明している。

労働者の公正な扱いも含め、さらなる災害を防ぐためには、ビジネス、政府、市民社会、そして消費者が、さまざま局面で行動を取ることが必要です。
こうした事態が起こった背景を説明し、今後同様の事故を防ぐための我々の見解を示すために、世界中のBSRの専門家によって 「ラナ·プラザからの教訓」と題したシリーズを立ち上げました。 

詳細情報 


サプライチェーン勉強会2013年9月開講

BSRの海外オフィスのスタッフを講師として招聘し、レクチャー形式で、2013年9月から5回開催。

詳細情報

2013年 9月 26日 | 東京

CSRセミナー 日本取引所グループ/日本財団主催

金融担当ディレクターによる講演 ‐ (CSR,ESGを取り巻く世界のト レンド)定員を増員しての230人ほどの参加者とともに大盛況のセミナーとなりました  (CSR,ESGを取り巻く世界のトレンド

2013年 2月 26日 | 東京

第三回 人権と企業の勉強会

人権担当ディレクターによるグローバルな見地からのプレゼン ‐ 人権問題対応に有効なツールと救済 ‐ 2012年12月ジュネーブ開催の国連フォーラムからの最新情報

2013年 1月 16日 | 東京

BSR サステナビリティ・イッシュー・ブリーフ

第5号 企業のサステナビリティ報告の方向性:「統合報告書」か、「統合報告」か

詳細情報 →

BSR サステナビリティ・イッシュー・ブリーフ

第4号 CSRレポーティングにおける「マテリアリティ」- 企業にとっての意味は?

詳細情報 →

BSRについて

BSRは、全世界の約300社ほどの会員企業とともに、グローバルのネットワークを通じて活動しております。 BSRはアジア、ヨーロッパ、および南北アメリカにオフィスを有し、コンサルティングリサーチ、クロスセクター・コラボレーションなどを通じて、持続可能なビジネス戦略とソリューションの開発に取り組んでいます。 BSRの20年にわたる持続可能な社会のための先進的な取り組みについては、